読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのNEWS速報

気になるNEWSを更新していきます。

人類がロボット支配になる?

f:id:november333:20170219115201j:plain

 

人類がロボット支配になる…?!

1月17日から20日にかけてスイス・ダボスで開催された世界経済フォーラム
いわゆる「ダボス会議」ですが、イギリスが国民投票EU離脱を決めた“ブレグジット”や、
アメリカのトランプ新政権誕生などで世界が揺らいでいる中、
幅広い議題が活発に話し合われたということだが、その中には昨今めざしい進歩を見せている、
AI・人工知能についての興味深い発言もあったらしいですね。
セルゲイ・ブリン氏、AIの急激に進化に、注意を払っていなかった。
世界中のトップリーダーが一堂に会した今年の“ダボス会議”ですが、

世界的な不況のなかにあってグローバル経済の再活性化や、
社会の内側からの経済成長を目指す“インクルーシブ・グロース”などが熱心に話し合われたらしく、
一方でドローンやAIなど今後の成長分野である“第4次産業革命”についても、
活発に討議されたみたいで、会議にはIT業界の雄、Googleの共同創立者である、
セルゲイ・ブリン氏も参加して発言を行ってはいたらしいですね。

【ドローン・AI…これから深まる人工知能
今にして振り返ってみても2016年は激動な年でしたね。
国際情勢が混迷を深める一方でドローンやVR&AR、人工知能などの、
最先端技術の動向も何かと賑やかな年でもあり、その中でも、
世界トップクラスの囲碁棋士に圧倒的勝利を収めた囲碁AI「AlphaGO」の、
偉業が世界に大きな衝撃を与えたことは記憶に新しいですね。

この直前まで、AIが人間のプロ囲碁棋士に勝つようになるには、
あとまだ10年はかかるといわれていたのに、IT業界の最重要人物の1人である、
セルゲイ・ブリン氏が、今になってAIの進化に驚かされているのは、
意外な感じを受けてしまいますが、いったい何がブリン氏をしてそう言わしめているのでしょうか?

【本当に近未来にロボットに人類は支配されるのか?】
AI(deep nets、多層神経回路網)が見せる進化はきわめて深遠で本当に驚かされる出来事です。
驚異の時代の真っただ中に今我々は居ますが、社会と暮らしにAIがどこまで進出するのでしょうね。
その限界がどこにあるのか我々にはまったくわからないと、セルゲイ・ブリン氏が言っているみたいです。
ブリン氏はAIがさまざま形で将来の世界を救う可能性を秘めていることを認めていますが、
世界にどれほどのインパクトをもたらすのか“予測不可能”であると、
お手上げの状態であることを率直に吐露しているらしいです。

これは夢が広がる話なのか。それとも人工知能に人類が支配される“悪夢”が近づくという事なのか・・
ご存知のようにAIの進化についてはネガティブな見解も多いみたいですね。
ホーキング博士イーロン・マスク氏などがAIの進化を危険視していることも知られていますよね。
確かに怖いかも・・
ビル・ゲイツ氏もまた昨年の講演会で著しく進化を遂げるAIがきわめて危険であると警戒していましたね。